トップ / マンションの契約での注意

マンションの契約での注意

選べる豊富なマンション

将来設定

マンションは用途に合わせて

特に賃貸である場合には、ひとくちにマンションといってもいろいろなサイズと造りのものがあります。小は独身の一人住まいに合わせたワンルームから、大は4LDKといった、ちょっとしたパーティーまで開けてしまうような大広間まで備えているものまで、そのサイズも造りも実に多様なのですが、もちろん、その賃料の額もそのサイズと造りに比例して、同様に多様であることは言うまでもないことでしょう。このために、マンションを借りようとする場合には、自分が利用する用途というものをしっかりと見極めた上で、探しましょう。

住宅ローンの抵当権について

住宅ローンを組むときには抵当権を設定するのが一般的です。購入する住宅に対して抵当権を設定することによって、銀行は融資を行いやすくしています。もしも抵当権を設定しなかった婆にはどうなるのでしょうか。これを知るためには、無担保の融資と比較してみると良いです。無担保でお金を借りることのできるサービスはすでにいろいろなものがありますが、借り入れできる金額が小さく、また金利も高い傾向があります。住宅ローンは抵当権を設定するために、多くの金額を低金利で借りることができるのです。

↑PAGE TOP