トップ / 老後のために不動産投資

老後のために不動産投資

不動産投資の物件選び

将来設定

不動産投資は目的に応じて

不動産投資をするための物件の選び方は、目的によって異なりますから、まず何のためにするのかを明確にするべきです。そのためには、資産をどこまで増やしたいのかの目標を立てることと、運用期間をどれくらいにするのかを決めることは大事なことです。これが分かれば、どれくらいの資金を投じてどれくらいの利回りで運用すれば良いのかが分かります。たとえば老後の生活費を確保するために不動産投資をするのであれば、投資期間は定年退職までと設定するのが良いですし、必要な資金を計算して、利回りがどれくらいなのかを決めることが必要です。

目的に応じた物件の選び方

不動産投資をするときには、まず目的を明確にしなければなりません。そして、それに応じて物件の選び方を考えていくのが良いです。たとえば、老後のことを思って資産を増やしたいと考えているのであれば、老後までにローンを完済できるような計画を立てるのは良い方法です。そのためには、それができる物件を選ぶことが必要となります。そうではなくて、相続対策のために不動産投資を始めようと考えているのであれば、選び方は異なってきます。価値があまり下落しないもので、かつ流動性が高いものを選ぶというのが基本的なものとなってきます。

↑PAGE TOP